タイ釣り漁船「幸丸」で真鯛釣り!一連の流れを詳しくまとめてみた!

釣れたマダイ・ハナダイ魚釣り
ads
てんしゅん
てんしゅん

タイ釣り漁船で真鯛を釣りたい…。漁船に乗るのは初めてで一連の流れや注意点を知りたいな。

こういった疑問に答えます。

子どものお食い初め用にタイ釣りをする人や堤防から釣りをする人にとって、漁船での釣りは中々想像が付かないですよね。

今回は、千葉県旭市飯岡にある「幸丸」さんで実際にタイ釣りをしてきたのでその様子を記事としてまとめます。

ads

タイ釣り一連の流れ

幸丸さんにて、午後便のタイ釣りの流れはこんな感じ!

タイムスケジュール(午後便の場合)
  • AM 10:00
    チケット購入、座席取り、受付

    こちらの事務所にて、手続きを済ませます。

    受付開始時間は曖昧で、09:30はダメでしたが09:45くらいからはOKでした笑

    幸丸 受付と席取り
    受付にて座席を記入

    複数名の場合、電話で事前予約をしておくと並んで釣りができるように場所を考慮してもらえます。

    チケットは事務所内の自販機で販売されています。

    幸丸 チケット販売機
    チケット販売機

    レンタル(竿・リール)は¥1,000でした。

    受付を済ませると外に置かれているクーラーボックスの中から約20cm角の巨大氷を1つ受け取ります。

  • AM 11:30
    集合

    事務所すぐ近くに漁港があるので、そちらへ移動します。

    受付に案内図があります。

    幸丸 集合場所までの案内
    漁港(集合場所)までの案内図

    幸丸から1km圏内に漁港(集合場所)があります。(海見えないのに漁港が近くてビビりましたw)

    上記の地図からも分かりますが、斜め向かいにローソンがあるので昼食・酔い止めなどの準備が非常にしやすいです。

  • PM 12:00
    出航

    集合は11:30と早めなのですが、午前便の帰船があるので実際の出航は12:00くらいでした。

    幸丸 午前便の帰船
    午前便の到着!
    てんしゅん
    てんしゅん

    11:30すぐに出航すると考えて酔い止めを早めに飲むと失敗しますw

    乗船後にチケットが必要なので、準備しておきましょう。

    レンタル品とライフジャケットは、乗船後に受け渡してくれます。

  • PM 12:40
    釣り場到着、釣り開始

    釣り場に到着すると、エサの販売開始。

    生き餌10匹で¥1,000、バケツは貸し出してくれるので持参は不要です!

    幸丸 生き餌
    生き餌のエビ(サービスでちょっと多め)
    てんしゅん
    てんしゅん

    2匹サービスで12匹入ってました!嬉しい!!

    また、フィッシュグリップ(メゴチバサミ)と生け簀、海水ホースが自由に使えました。

    生け簀とフィッシュグリップ
    生け簀、フィッシュグリップが無料で使えます

    海水ホースからは常に新鮮な海水が汲み上げられているため、血抜きや下処理がしやすかったです。

    準備ができたら思う存分釣りを楽しみましょう!!

  • PM 15:40
    移動開始

    釣り場の移動が1回だけありました。

    天候や波、日によっては複数回釣り場の移動があるようです。

  • PM 16:00
    釣り場到着、釣り開始

    準備ができたら思う存分釣りを楽しみましょう!!!!!!(2回目)

  • PM 17:25
    納竿、漁港へ移動

    帰りの時間になったら、アナウンスしてくれます。

    船長が釣れたタイの数をカウントしにやって来ます。

    釣果は幸丸さんのブログに毎日投稿されており、ここでのカウント結果が掲載されるようです。

    見た目がそっくりなハナダイ(血鯛)は、外道としてカウントされなかったので、正しい釣果情報が確認できます。

    • 真鯛:尾びれの先が黒い
    • ハナダイ:尾びれの先が黒くない
  • PM 18:00
    漁港到着、解散

    お疲れさまでした!

    帰船すると、軽トラックに積んだ水道で手洗いができます。(めっちゃありがたい)

    幸丸 手洗い場
    簡易の手洗い場

    そして、嬉しいサービスがアツアツのおしぼりを準備してくれています。

    幸丸 おしぼり
    おしぼり配布中

    さらに!!!

    氷が不足した人は、¥100/1袋で買い増すことができます。

    船上で血抜き用の海水氷を作った人には嬉しい対応ですね。

    ここで貰える氷は、受付時に貰ったような巨大氷ではなく、飲食店の製氷機で作った3cm角の細かい氷です。

以上が幸丸でのタイ釣りスケジュールになります。

ぼくの失敗談

てんしゅん
てんしゅん

幸丸さんでタイ釣りした場合のぼくの失敗談をまとめます…。

移動中は必ず避難すること!

釣り場へ移動中 or 帰船時は必ず操縦室裏側 or キャビンの中に行きましょう!

釣り船初心者だったぼくは、勝手が分からず船外にいました。

てんしゅん
てんしゅん

移動中の潮風が気持ち良いだろうし、景色が見たいなぁ!

なんて思いは今すぐ捨てましょうw

移動中は、大量の海水・暴風を浴びて凍えるほど寒くなりました。。。

釣り場に到着することには釣りができないほど疲弊していました(笑)

レンタル品に頼りすぎない

今回レンタル竿・リールを借りましたが、品質が悪すぎました…。

デメリット
  • ラインが不足しており、テンヤ釣りで重要な底取りができなかった
  • 交換した竿では、ベール根本に亀裂が入っていて巻き取る際にラインブレイクの危険性があった
  • 取手と本体が干渉するほど歪んでいた
  • リーダーの結び目がボロボロでラインブレイクの危険性があった

同伴した友人と私全員のレンタル品に何かしらの問題があり、最悪何も釣れなくなる可能性がありました。

てんしゅん
てんしゅん

せっかく準備した仕掛けがロストする危険性もはらんでおり、ここは改善して欲しいポイントです…。

1発目に高い仕掛けをロストしたら悲しいですよ。

ぼくはジャッカルのビンビンテンヤを準備していたので、少しヒヤヒヤしながら釣りをしていました。

もし、お金に余裕がある人は自分でロッド・リールを揃えたほうがよいかもしれません。

幸丸さんのレンタルタックルは、ラインPE0.8号・リーダー3号を使用しており、竿とリールはこちら↓を使っていました。

とはいえ、幸丸で定期的に開催されているマダイ釣り大会の過去の優勝者は、レンタルタックルを使っていたとのことで(整備が行き届いていれば)不足はないのでしょう!

幸丸で良かったこと

持参品とレンタル品の併用がOK

不幸中の幸いというか、船釣り経験がある友人が自前のリールを準備していました。

レンタル品の質が悪かったので、自前のリールを使って良いか確認を取ったところ「OK」との回答が得られました。

タイ釣り漁船の候補に挙がっていた「梅花丸」というところでは、持参品の使用は認めてもらえなかったのでその点は良かったかな?

専用の捌き場あり、捌きサービスも

今回ぼくたちは利用しませんでしたが、捌き場の貸出・釣った魚を卸してくれるサービスもあるようです。

釣りから帰ってきて疲れているときに魚の処理をしなくて良いのは、嬉しいサービスだと思いました。

価格はこんな感じ!

  • マダイ3枚卸1匹300円~
  • ヒラメ5枚卸1匹500円~
  • 30分500円で捌き場

サイズによって、値段が変動するようです。

釣れた仕掛け

クロスファイクターのブレイズテンヤ(固定式テンヤ)10号のみでめっちゃ釣れましたw

10匹の生き餌を使いましたが、うち5回当たりがあり勝率としては1/2

と悪くなかったです!(2回はフッキングが甘くバラしました…)

てんしゅん
てんしゅん

エサ付けて3回は、様子見で仕掛け重さを変更したり、形状変更しましたが、当たりが取れてから一度も仕掛け変更せずで釣れ続けましたよ!

固定式テンヤ・可動式テンヤ・タイラバ・ダイソーメタルジグを揃えていきましたが、結局固定式テンヤしか使いませんでしたw

揃えたテンヤたち
揃えたテンヤ・仕掛け

友人はビンビンテンヤで爆釣してました!

まとめ

タイ釣り漁船の一連の流れについて、タイムスケジュール・ぼくの失敗談を交えてまとめてみました。

てんしゅん
てんしゅん

この記事が参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました